子どもに読書してもらうには?

どんな本が好きですか?と、問われたら私はこのように答えています。

アートな本

決して芸術の解説や批評、歴史の本ではありません。絵画のように美しく、生き方を感じられる本のことです。それは読む度に発見があり、気づかせてくれる本。そこには色彩があり、生きる力がある。これが私の考えるアートな本の定義です。

そんな私の大好きな本で幕を開ける講座が


「読書講座」。


その本とは、夏目漱石です。

天才夏目漱石が創り上げる究極の美の世界観。
私はもっとも美しい日本語と評しています。これを多感な小学生の高学年たちに触れてもらうのです。

読書講座では、夏目漱石の作品を皮切りに、シェイクスピア、菊池寛、トルストイ、小林秀雄など一流の作家の作品に次々と触れていきます。こうして小学生を一流にまみれさせながら本の世界に誘おうと思っています。

どんな一流にも、色彩があり、生きる力が感じられます。一流に触れることが、読書をするきっかけになることはよくあることです。一人でも多くの小学生を素晴らしい本の世界に案内したいです。


さて、真の頭の良さを持つ子たちは、例外なく本好きです。読書は学力向上のための万能薬でもあります。皆さんのお子さんたちの学力を上げるために読書講座をご利用いただくこともOKですよ!

<このような方に向いています>
・お子さんに読書しもらいたいと思っている方
・もっと読書の世界に足を踏み込んでほしいと思っている方
・国語ができるようになってほしい方
・考える力をつけさせたい方
・学力を上げたい方
・受験対策をしたい方

詳細やお申込みはこちら↓
夏期講習内の読書講座
http://www.manabikenkyusyo.com/?page_id=10027



★写真は読書講座の様子です。机を使わず、話し合いますよ(*^^)v

2017/06/19 Category | blog 



« »

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。