心情を読む女子、論理を説く男子

んー、これが男性脳と呼ばれる思考なんだろうなぁ。
情景を描写しただけで説明が終わってしまう。そこに心情が加われば、説明に奥深さができて、相手にも伝わりやすくなるんだけどなー。

先日から始まった夏期講習での出来事。
ほぼ全員がこの思考をしていて、改めて男性特有の思考を意識させられました。

夏期講習とは、小6受験生に向けた「国語読解問題の答え方:中学受験対策」のこと。ここでは文章題の記述問題に特化しています。これだけでも難しそうで嫌がられそうなのですが、さらに焦点を絞っています。
それは「心情の読み取り」です。

これが苦手な男子がなんて多いこと!
しかし、これはわかっていましたから、いきなり本丸には突入せず、男子が得意な説明的文章から始めました。

こうしてステップを踏んだにもかかわらず、心情を問う問題になると男子はうまく答えられません。思考は普段の思考がそのまま反映されるようですから、そう簡単には変えられません。また、理論より「感じる」ことが求められますから、いきなり「感じてみよう」と言われてもすぐにはできないものです。
やはり、男子が苦手な心情トレーニングはご家庭から。日常生活から相手の気持ちを考えることを基本にしてもらうのが、もっとも良い方法かもしれません。

さて、塾に話を戻しましょう。
幸か不幸か参加している受講生は全員が男子。ここぞとばかりに心情トレーニングに熱を入れようと思っています。受験勉強から鍛錬して、将来「モテる男、稼ぐ男」になってほしいと願いも込めて指導にあたりますね。

「心情を読む女子、論理を説く男子」を見ると、両者は異なる星に生まれた生き物みたいに感じませんか。なぜ、違う思考をしがちなのでしょうか?これも正負の法則なのだろう、と私は思います。きっとバランスを取るために必要なことなのでしょうね。

この夏期講習で、相手の気持ちを考えることが出来るよう、少しずつステップアップした授業をしていきたいと思います。


<こんな方法もあり!>
ロダン(犬)とその家族とのほっこりとした日常生活を描いた8コマ漫画。「ロダンのココロ」を繰り返し読めば、相手を慮る気持ちが育つこと間違いなし。ここからトレーニングするのもアリですね。



2017/08/01 Category | blog 



« »