目標達成できる人は「書く力」を身につけている

ここにも大学入試改革と歩調が合うものがありました。

青学陸上部は目標達成するために、かなりの文章量を学生に書かせているようです。さらに、チーム内にプレゼンさせる仕組みを作り、コミュニケーションを活性化させています。
「目標設定」と「コミュニケーション」を重要視している原監督の視線は、単なる走り込みではなく、人材育成に向いていると感じられる本でした。


力を引き出す「ゆとり世代」の伸ばし方
著者:原晋×原田曜平
出版社:講談社+α新書


陸上に限らず、書くトレーニングを積むトップアスリートはとても多いです。
書く力が向上すると「自分がするべきこと」「目標」「長所や短所」「改善点」「ビジュアライザーション」に至るまでイメージが鮮明になり、より効果的に技術が向上していくと言います。書く力が目標達成を実現させるというワケです。ここに青学が強い理由がチラリと見えますよね。

勉強も同様です。まなび研究所では勉強の仕方を学ぶ講座として「まなびBASIC」がありますが、ここでは「書く力」を磨きます。中学生たちは、勉強スケジュールをはじめ、学んだこと、反省を書くのですが、書く力の力量によって結果が変わってきます。それはどういうことなのかと言うと、中学生たちの文章を読んでいると、ある特徴に気付くのです。

目標達成していく中学生たちは、内容を具体的に書いている。
反対に、目標達成できない中学生たちは、内容を抽象的に書いている。

書く力が高まってくると、具体的な文章が書けるようになってきます。
よりリアリティーが出てきます。
これが脳を錯覚させてしまうというのでしょうか、現実になってくるのです。
まなびBASICの講座では、書く力と目標達成率に相関関係があることがよくわかります。

さて、「書く力」は陸上では記録やタイムに直結しませんが、イメージするときの土台となります。ゆえに練習であろうと本番であろうと、下支えをしてくれることになり、記録やタイムに大きく寄与してきます。

勉強で言えば、点数には直結こそしませんが、思考するときの大きな土台となっています。ゆえに国語であろうと数学であろうと、教科を超えて下支えをしてくれることになり、結果、総合点に大きく寄与してきます。

書く力を身につけることは、パワフルなエネルギーを手に入れることと同じ。
生涯使える一生物の力にもなります。
さらに、「書く力」に「伝える力」が掛け合わせると「何のために行なっているのか」が明確になって爆発的に練習の質が高まります。
その結果、目標達成できるのです。

青学陸上部のように単に走るのではなく、走ることの先にあるものを掴ませる指導は、教育にも必要です。

子供の65%が、今世の中にない仕事に就くと言われます。その中で生きていく力を身につけるためには、中学生のうちから「書く力」と「伝える力」を鍛錬していきたいですね。

2018/02/08 Category | blog 



« »

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。