第96回 読書0分!? 最近の大学生の読書事情について。



今回は、最近衝撃を受けた新聞記事についてお話ししてみたいと思います。ここ数年、大学生の読書量が著しく減少しているそうで、1万人を対象にしたアンケートで一日の読書量がなんと0分の学生が過半数を占める結果が出たというものです。大学では読書の年間目標が50冊としているところ、実際には平均7冊程度しか読まれていない現実。特にここ数年の激しい減少傾向は危機感を感じるものがあります。スマホやタブレットの普及率に伴い、また社会情勢なども含めてさまざまな背景があるかと思いますが、何のために本を読む必要があるのか、10年、20年先を考えて、将来のために役に立つ脳を作ると考えて、読書に対して前向きになれるよう視点を変えてみてはいかがでしょうか。いい本との出会いは豊かな人生を築いてくれます。ぜひ前向きに意識して読書時間を楽しんでいきたいものですね。



ホッと一息 古橋和久の「まなびCafe」


子育てしていると教育の悩みは尽きませんよね。

「学校で勉強についていけてるかしら」
「今の勉強のままで大丈夫かしら?」
「中学受験ってなにをどうしたらいいの?」
「自分の気持ちを聞いてもらいたくても周りで相談できる人がいない…」などなど

教育について日常会話が繰り広げられる「まなびcafe」。
ここの常連客であるまなび研究所の塾長古橋が、みなさんのお悩みについて考えます。

みなさんもご一緒に会話に加わってくださいね。何か気づきがあるといいな。
毎週金曜『まなびcafe』で塾長古橋とホッと一息つきませんか?


ホッと一息 古橋和久の「まなびCafe」
ポッドキャスト質問フォーム

質問





2018/04/13 Category | blog 



« »