浜松西高中等部、合格への道 後編

















「浜松西高中等部、合格への道 中編」の続き
http://www.manabikenkyusyo.com/?p=13466







担任の先生との相性が左右するケースもあるようです。




このようなケースはどうしたらいいでしょうか?





受け入れるしかないですね。




決して先生に対して文句を言わず、

授業づくりや学級づくりのために貢献しましょう。




そして、こちらの熱意を伝える。




「なぜ、浜松西高中等部に進学したいのか」を担任の先生にしっかりと伝えます。




これができるようになれば、

先生もお子さんを高く評価してくださるようにるはずです。




私の塾でも、

中学受験に否定的だった担任の先生の指示を守り、

授業づくりや学級づくりに努めた結果、

逆に応援してくれるようになった例はいくつもあります。




ぜひ、担任の先生を味方につけましょう。

応援者が増えれば、

心強いです。

勉強にやる気が出て、

合格する可能性が高まります。




浜松西高中等部受験をするために

「学校の代表者として受験する」くらいの高い意識を持ちましょう。

その自覚が精神を高みへと引き上げてくれます。

合否の結果にかかわらず、

後輩の模範にもなり、

目指す先輩にもなります。




浜松西高中等部は意識が高いお子さんが集まることをお忘れなく。

受験勉強に励みながら、

人間力も磨いて行くことができれば

中学入学後も自信を持って学校生活に励めるはずです。






2018/05/24 Category | blog 



« »