必見!勉強会100倍活用術

夏期講習の勉強会に役立つ ”アドバイス”

夏休みは、勉強会に参加する中学生や小6受験生が多いですね。

そこで、

勉強会を100倍有効活用するための方法をお伝えします。

これを読んで効率の良い勉強をしてくださいね。





<Q. 何を勉強したらいいの?>





A.1 問題を解く

普段使っている問題集を使う。





A.2 復習する

これまで勉強してきたことをも一度振り返りまとめる時間に充てる。

この場合はノートを一冊用意して振り返ることをお勧めします。



(例)

算数の問題集の間違えた問題を整理する

漢字や語句を整理する




A.3 テストをする

過去問や市販のテストを勉強会に充てるのもいいですね。





A.4 宿題をする

学校の宿題をするのもアリですよ。




<Q. 効率の良い時間の使い方を教えてください>

勉強会では、長時間の勉強になります。

長い時間、集中力を持続させるための方法が必要です。

参加する前に知っておくと、

スムーズに計画を立てられ、

効率よい時間を過ごせるようになります。




A.1 小分けする

内容や時間を小分けすることにより、集中力が持続するようになります。

例えば

・問題集を1ページ解いたら次の問題集へ移る。

・教科を変える

・勉強内容を変える

これらを組み合わせるのもOK!

15分~20分程度の時間で次か次へと作業内容を切り替えていきましょう。




A.2 サンドイッチ

これについてはポッドキャストを聞いてください。

まなび研究所が勧めるもっともポピュラーな勉強方法。

とても有効的な方法です。





第27回 集中力が持続する「サンドイッチ式勉強法」
http://www.manabikenkyusyo.com/?p=8798





A.3 同じ勉強を続けない

小分けやサンドイッチにも通じることですが、一日中同じ教科だけにならないようにしましょう。




<Q. スケジュール立てで注意することは何ですか?>

勉強会では、初めにスケジュール立てをします。

専用用紙にスケジュールを書き、

担当の先生に提出します。

ここで先生からOKがもらえたら

勉強を始められます。




A.1 今日はどんなスケジュールで勉強するのか、頭の中で構いませんので考えて塾へ来ると良いでしょう。




A.2 具体的にする

「社会を勉強する」ではなく、

「社会の歴史、鎌倉時代のノートまとめを20分間する」と具体的に決める。




A.3 今日は何をするのかテーマを持って参加する。

スケジュール立ては「具体的」「目的意識」が勉強効率を上げる鍵になります。




=最後に=

初めて勉強会に参加すると

「時間があっという間に過ぎた」と感じることがほとんどです。

用意していた勉強道具では足りず時間が余ります。

多めに勉強道具を準備しましょう。

それでは、皆さんのお越しを楽しにしていますよ!

「夏休みの勉強方法講座」では、勉強会100倍活用術をより詳しく解説します。







夏休みの勉強方法講座&勉強会
http://www.manabikenkyusyo.com/?page_id=13617#benkyou






2018/07/09 Category | blog 



« »