みんなが学び笑った ”Mama Cafe@まなび研究所”


















昨日は、Mama Cafe@まなび研究所が行われました。

初のAI時代を生き抜く”子育てプロジェクト”Manabi Sharing Lounge「まなびシェアリングラウンジ」として

主催はMama Cafe認定ファシリテイターの俵山さん。

なんと14年間も某教育機関で

日本、世界の教育を学ばれたプロフェッショナルです。




そしてMama Cafeは

東洋経済ONLINEの教育カテゴリーで

ペンをとる石田勝紀先生が始めた

ママのための学び場。

今、全国でその輪が広がっているんですよね。




Mama Cafe@まなび研究所は

募集を開始するや否や

すぐに満員御礼になり、

このブログで宣伝するまでもなく、

募集を締め切りました。

その勢いのまんまで

当日も大いに盛り上がりましたよ。
(県外からお越しになられた方もいてびっくり!)




お子さんのために学ぼうとする親御さんの姿は

素敵ですね。

そういう親の元で育てられたお子さんは

幸せです。

俵山さんのお話に

熱心に耳を傾けるお母さんたちの姿が

とても印象的で

お子さんがスクスク成長する様子を

想像してしまいました。




ところで
私も石田先生のファンなのですが

Mama Cafeの参加要件が

大好きなんです。









・子どもをぐんぐん伸びる子にしたいと思っている(学力、生きる力、才能、など、分野は何でもOK!)

・前向きな考え方を持っている、または持ちたいと思っている

・自分の子どもだけでなく、みんなでハッピーになっていこうと思っている




石田先生の教育観と心の温かさが

伝わってくる内容ですよね。








AI時代を生き抜く子育ては、

親の学びや情報交換、共有が価値を持ちます。

Mama Cafeは

そんな時代のニーズに応えてくれる場です。

私はこのような場が広がっていくことを願っています。

Mama Cafeや俵山さんの活動と

まなび研究所の方向性が似ているように感じています。

ここから将来を担う人材がたくさん育てられたらいいですね。

一人でも多くの親御さんのためになれるように私も引き続き協力させていただきます。




早くも次の開催が楽しみです。




2018/11/27 Category | blog 



« »