”絶対教科”があれば浜松北高に合格できる


東大の卒業生でニューヨーク州弁護士の山口真由さんは、学生時代に「絶対教科」をもっていたそうです。




絶対教科とは聞きなれない言葉ですが、山口さんによると「これ(この教科)だけは絶対に点数が取れる」「絶対に自信がある」教科のこと。絶対教科があると、苦手な教科があっても得意な教科で挽回すればいい、試験で失敗しても自信がある教科で頑張ればいいと、この教科が精神的な柱になり、試験を乗り超えられるそうです。







なるほど。ここ浜松で言えば、高校入試、しかも浜松北高の入学試験に当てはまるでしょうか。浜松北高では、社会に英語、国語は、合格者全員が満点もしくは満点に近い点数をとります。つまり、合格者はこれら三教科を絶対教科にした受験生たちです。五教科のうち三教科も絶対教科があれば、精神的に落ち着けそうですよね。




得意を磨く。とことん磨く。これは受験勉強の基本です。この時期は入試に向けて、まだ時間があります。受験生は絶対教科を作るところから始めてみませんか?








2019/04/18 Category | blog 



« »