勉強の仕方を学ぶ講座 「まなびBASIC」











学年 時間 定員
中1・2・3 水曜午後7時50分〜9時40分(110分) 30名程度
※学年が混在する講座です。



otoiawase_omoushikomi








勉強の仕方を学ぶ講座 「まなびBASIC」とは?




一人になった時の勉強方法で結果は決まる




勉強時間の大半は、学校や塾での時間が占めます。その割合は全体の八割にもなると言われています。
しかし、その八割の勉強で成果を挙げられている中学生がどれだけいるでしょうか。
きっと少ないと思います。


では、どこで差がついているのでしょうか?


それは、「自分一人になった時の勉強」です。


そう「自分一人になった時の勉強」が残りの二割を占め、
これが目標達成の大きな要因になっています。




パレートの法則を知る



パレートの法則をご存知でしょうか?

左の図は、二割が成果をあげる八割を示しています。

そこで、勉強時間全体の二割にしか過ぎない「自分一人になった時の勉強」こそが、学力を挙げているのなら、ぜひとも有効に使いたいですよね。

例えば

1.家にいるときの時間の使い方

2.普段の判断スピード

3.家庭学習の量

4.得意科目/苦手科目の勉強法

5.ノートまとめの仕方

6.そもそも目標達成に適った勉強内容なのか

などを見直すと、より良い勉強につながると思いませんか。


ならば、自分一人になった時の勉強方法をレッスンすればよいですよね。
さらに、勉強方法を習うだけでなく、自分に馴染むようにアップデートを繰り返せる場があるといいですよね。

これが「勉強方法を学ぶ講座 『まなびBASIC』」です。





短時間でどのように勉強するか




私たちは17年間、中学入試と高校入試の難関校受験指導で培った勉強のノウハウを持っています。この勉強方法を指導でき、それを身につける方法と場、成果を挙げる手法、マネジメント技術までをも持っています。

ここでその中の勉強方法を一つだけご紹介しましょう。


「レバレッジ」


レバレッジとはテコの原理のこと。
テコの原理のように、少ない力で大きな成果を挙げることを勉強の軸とする考え方です。

つまり、時間の長さより「短時間でどのように勉強するか」がカギになってきます。

この方法を一つ知っているだけでも中学生の勉強の仕方は変わり、勉強内容が格段に良くなっていきます。





「講義」「ワークショップ」「実践」を繰り返し、勉強方法を身につける




「レバレッジ」は勉強方法のほんの一例。

「まなびBASIC」では、この他にも「21の勉強法」と題した勉強法の基本を21種類ご用意しています。この勉強法を「講義」「ワークショップ」「実践」を通して中学生に体得させることを目指します。
この他にも充実したレッスンで勉強方法に磨きをかけていきます。

「まなびBASIC」からいくつもの勉強方法を身につけることができます。




講座内容
21の勉強法(基本/応用)の講義
スケジュール立ての講義と実践
目標設定/分析・反省についての講義
目標達成のためのシートや表、リストを作るワークショップ
モデリング・スケージュールの実践
PDACのマネジメント
シェア会(アクティブ・ラーニング)など





「Z会」「進研ゼミ」の通信教材の持ち込みもOK



「まなびBASIC」で扱う教材は、特に定めていません。まなび研究所の推薦教材、学校で配られたプリント、宿題、ご家庭にある問題集、他塾さんで使われている教材、通信教育の教材(Z会や進研ゼミ)など、教材の持ち込みはなんでも構いません。生徒自身が用意した教材を使って、実践していただきます。




「iPad」「電子辞書」の持ち込みも可能



iPadなどのタブレットを使った学習や電子辞書も講座内ではご利用いただけます。塾内のWI-FI受信をご利用いただき、タブレット学習も可能です。ただし周りの生徒の迷惑にならないようにヘッドフォン着用をお願いしています。




静大附属浜松中、浜松西高中等部、浜松日体中の生徒も受講できます



勉強方法を学ぶ講座ですから、どの学校に通う中学校の生徒でも受講できます。公立中学校をはじめ、静大附属浜松中、浜松西高中等部、浜松日体中などの私立中学校の生徒さんまで、中学生ならば誰でも参加できます。





勉強の仕方を学ぶ講座 「まなびBASIC」



身につく力

・42種類の勉強の仕方を使えるようになる
・勉強内容や勉強時間に合わせて自分に最適な勉強方法がわかる
・時間管理ができるようになる
・自分に適した目標設定ができるようになる
・目標達成するための実行に移せる方法
・自分で判断し、決断する力(自立する力)


到達目標

・21の勉強法を使ってPDCAを回し目標を達成すること


レベル

・上位の公立高校入試を志願している中学生(浜松北、浜松西、浜松市立、浜松南理数、浜松南など)
・静大附属浜松中、浜松西高中等部、浜松市内私立中の成績上位者