作文力を鍛える講座

kokugo_kouza_160302





文章の上手な子が受験に強い理由


作文が書ける子は受験に強い。
それは「書く力」だけでなく、「読む力」「考える力」「感じる力」があるからです。
つまり、国語で求められる能力のほとんどが身についていると言えます。

作文が書ける子は、国語の受験勉強に時間を大きく割く必要がないため、
算数や社会、理科に時間をかけられるようです。

また、普段からよく考えるという思考癖があり、
結果を出すために必要な勉強はと何かを考え、
最適な方法を選び出して取り組むところがあります。
だから文章上手な子は受験に強いのです。



どうしたら作文が書けるようになるのか?


以前こんな生徒を指導したことがあります。

頭では色々考えているようですが、鉛筆を握る手が進みません。
時間ばかりが過ぎていき、結局、30分間で書けたのはたった二行だけ。

では、この生徒は、なぜ書けなかったのでしょうか?

それは、頭に考えはあっても、それを表す言葉が出てこない。
つまり、表現力や語彙の不足が原因だったのです。

このような生徒は、読む体験を積むことで簡単にこの不足が補えます。
読むとは「音読」のこと。
日々の音読が上達してくると作文が書けるようになってきます。

なぜなら音読は言葉や句で読むために、
文章の意味を捉えられるようになるからです。
ここに聞き手が加われば、
その効果は倍増。
相手に伝えようと読み上げるから、
表現力がより増してくる。

これこそ、音読が作文を書けるようになる所以なのです。



一生モノの財産になる作文力


作文力はいったん身につくと、
その後ほとんど低下しません。
つまり、
一生モノの才能として身につくのです。

ところで、
皆さんはゴールデン・エイジという言葉をご存知でしょうか?
これは10歳〜13歳くらいの頃に、
見たもの、聞いたもの、触れたもの、五感が感知したことは脳に深く刻み込まれ、
その後も忘れられない経験として脳に残る年齢のことです。
皆さんもこの頃の想い出は、
他の頃と比べると鮮明に覚えているのではないでしょうか。

ゴールデン・エイジはサッカーやバレーボール、
スケートなど体を使うスポーツの世界では特に重視されていて、
この頃に一流プレーヤーのプレーを真似させると、
短期間に習得でき、
その後も体に残るために、
プレーレベルが一つも二つも上がってしまうそうです。

世界レベルの一流選手を育てるために、とても大事な期間として捉えられているのです。

もちろん勉強でも同じことが言えます。
この時期に、
豊富な言葉、良質な文章にたくさん触れさせることにより、
質の高い作文力を身につけることができます。

このレベルが基本ベースとして一生、
脳に残るわけですから、
この時期、お子さんに、
どんな言葉や本に触れさせるのか慎重に考えてほしいと思います。



講座の詳細やお申込みをご検討されている方は、こちらをご覧ください。

作文要言(小4・小5)





作文討論(小6)/ 小論文討論(中1・2・3)