新年度の時間割表、もうすぐ公開!


週毎に「来年度の授業」についての問い合わせが増えています。



問い合わせに耳を傾けると、”穴埋め問題のドリルやプリント、テストではなく、子どもに読解をさせたい”と本音が聞こえてきます。形だけの勉強ではなく、ちゃんと身につけてもらいたいと言うことです。教科書を使わなかったり、新聞を広げたり、アイデアを求められたり、読解力をトレーニングする私たちの授業に興味を持ってくださる方がいらっしゃることはとても嬉しいです。



受験指導を続けていて断言できることがあります。





暗記中心の思考では天井が低いこと。
読解中心の思考は天井知らずで学力が伸びていくこと。 





数学者新井紀子さんの「AIに負けない子どもを育てる」によると、小中学生が読解力が伸びる年頃と示されています。私は受験指導を通じて、この時期に暗記中心の学習をするのか、読解中心の学習をするのかで、中学受験、高校受験、大学受験の勉強の仕方が大きく変わることを見てきました。無論、有利なのは読解中心です。







12月から入塾相談会を行いますので、興味をお持ちの方は、是非まなび研究所までお越しください。お待ちしております。






2019/12/02 Category | blog 



« »