浜松北高合格 入試対策講座
合格には、”読解力”強化が鍵






浜松北高に合格するためには



全国と比較すると静岡県の公立高校入試問題はとても簡単である。そしてパターン化している。今年もおそらくその傾向は変わらないと予想する関係者も多い。しかし、周りの他府県の入試問題は静岡とは違うことをご存知だろうか。次々に問題は進化し、激しく出題傾向が変わっている。
だから静岡だけが、いつまでも変わらないままでいるとは限らない。今年はどうなるか。いつ変わってもおかしくない状況にあることを肝に銘じたい。



2020年度の高校入試において、静岡の過去問ばかり解いていては対策にはならない。高校入試問題が激しく変わる他府県の問題を積極的に解いてこそ対策になる。例えばこのような問題だ。





<国語>本文の中から「問題は地球環境を保全することが漠然とし過ぎているところのある」ということについての筆者の考えをまとめ、それに対する自分の意見を理由とともに書く(高知県)



<英語>2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて、ユニバーサルデザインやピクトグラムについての長文読解と資料の読み取り(鳥取県)



<理科>懐中電灯には、凸レンズの焦点の位置に電球が置かれているものがある。なぜそうなっているのか、焦点の位置から出た光が凸レンズを通った後どのように進むのかに触れて、簡潔に説明しなさい。(長野県)





いかがだっただろうか。静岡県の過去問にはまず出てこない問題だ。こういった自分の意見を述べる問題にどう答えるのか、他府県のような新問題に今から慣れておけば、記述、資料の読み取りに自信がつく。



全教科で”読解力”や”記述力”が求められるようになっている昨今、語彙力や現代用語の知識は不可欠だ。浜松北高合格目指すならば、すべての教科のベースとなる”読解力”を強化することが鍵になる。



この講座では、毎回、話題の新聞記事をディスカッションしたり、資料やグラフを読み取って意見文を書いたりして、簡潔に文章にまとめる力を強化する。
「浜松北高合格 入試対策講座」で読解力と記述力を身につけて、浜松北高合格を勝ち取ろう。







概要



対象浜松北高合格を目指す中学3年
条件第一回学力調査189点以上
講座日毎週月曜日(2/24迄)
講座時間19:30〜21:30
定員限定9名
月謝30,000円(税別)
教材費8,110円(税別)


※入塾金・諸経費は免除





指導内容



浜松北高に合格するための指導内容とカリキュラムです。



①時事問題を使った文章読解と要約
②過去3年間の全国公立高校入試問題(演習・解説)
③国語入試作文の実践演習(添削)
④家庭学習の指導
⑤勉強会(冬休み)
⑥入試本番に向けて調整するピーキング指導(1月〜入試当日)
⑦鉄人講師の映像授業「学びエイド」で弱点克服(希望者)
⑧Podcastを活用した時事問題対策
⑨浜松北高のディベート面接練習
⑩個別面談




カリキュラム



10月最新全国公立高校入試の傾向と分析
静岡県公立高校入試の傾向と分析
秋からの勉強方法と必携問題集
11月時事問題・高校入試問題・作文
12月時事問題・高校入試問題・作文・勉強会
1月時事問題・高校入試問題・作文・ピーキング
2月時事問題・高校入試問題・作文・ピーキング