中学1・2・3年「まなびRPG」
学習を習慣化させ定期テストで点数をとる講座








自分一人になった時の勉強が
定期テストの結果を決める



勉強時間の大半は、学校や塾での時間が占めます。その割合は全体の八割にもなると言われています。しかし、その八割の勉強で成果を挙げられている中学生がどれだけいるでしょうか。きっと少ないと思います。



では、どこで差がついているのでしょうか?



それは、「自分一人になった時の勉強」です。



そう「自分一人になった時の勉強」が残りの二割を占め、これが定期テストで点をとれるかどうかの大きな要因になっています。







パレートの法則を知る



パレートの法則をご存知でしょうか?
下の図は、勉強時間全体の二割(=自分一人になった時の勉強)が、八割の成果を上げることを示しています。







そこで、勉強時間全体の二割にしか過ぎない「自分一人になった時の勉強」こそが、学力を上げているのなら、この時間を有効に使い、成果の上がる勉強に切り替えませんか?



有効な勉強をするために、今どんな勉強をしているのか振り返ってみましょう。





1.そもそも目標達成に合った勉強内容なのか
2.学習量が適しているか
3.得意科目を伸ばしているか
4.苦手科目に向き合っているか
5.見直ししやすいノートまとめになっているか





これらを見直すと、より良い勉強につながると思いませんか。



自分一人になった時の勉強方法をレッスンし、さらに勉強方法を習慣化できるようなれば効果は大きくなります。







ルーティン・PDCA・ガイダンスを繰り返し
学習を習慣化させる



勉強の成果を上げるためには日々の学習習慣が必要です。コツコツ取り組むと学力は積み上がっていきます。この積み上がった学力が八割の力になります。だから、学習習慣を身につけると目標点数が取れ、志望校に合格できます。



「まなびRPG」とは学習習慣を身につけるための講座です。



R = Routine(学習ルーティン作り)
P = PDCA(PDCAサイクルのサポート)
G = Guidance(ガイダンスで勉強方法や時間術を指導)



学習ルーティンを組み、PDCAサイクルを回す。週一回のガイダンスで改善。まなび研究所が20年間の受験指導で培った「学習習慣を身につける方法」を実践していく講座です。







静大附属浜松中、浜松西高中等部の
生徒も受講できます



学習習慣を身につける講座だから、どの学校に通う中学校の生徒でも受講できます。公立中学校をはじめ、静大附属浜松中、浜松西高中等部の生徒など、どなたでも参加できます。











2020年3月4日 開講!





対象中学1・2・3年生
講座日毎週水曜日 又は木曜日(どちらか一つお選びください)
講座時間19:50〜21:50
定員20名程度