ポジティブ父さんとネガティブ母さん
子どもの学力を上げるのはどっち?
〜親の感情が子育てに与える影響とは〜


manabi_workshop_160907






理解の差は感情の違い

塾で生徒たちに学習指導をしていると、生徒間の「理解の差」に遭遇します。教え方は同じなのに、なぜ差が生じてしまうのでしょうか?

実はそこには人と相対したときに感じる「感情」が関係していました。
勉強に対して楽しい感情を抱いているのか、それとも苦しい感情なのか。
楽しければ真綿が水を吸うごとく知識を吸い込み、苦しければ抵抗があり習得するのに時間がかかります。
この感じ方の違いによって勉強の仕方、集中力、グリット(やりきる力)が異なってきます。当然ですが、結果の捉え方も異なってきます。

感情が行動を作る

感情が行動を作る
感情を抜きにして勉強に取り組むことはとても遠回りです。勉強は一生ものですから、子どもに勉強をポジティブなものとして捉えさせてあげたいですよね。だから親は子どもの感情について知ることが大切になってきます。

ところで、子供の感情は何が起因していると思いますか。

例えば、幼い時に親から「勉強しなさい」と言われ、勉強が嫌いになった。そして、自分も子供に対して「勉強しなさい」と言い子供が勉強嫌いになっている。逆に、「勉強しなさい」と言われたことがなく自然と学ぶのが好きな環境で育った。こんな経験をお持ちの方はいませんか。お子さんの感情は、良くも悪くも親の影響を受けています。幼い頃から、多くの時間を子供と過ごしてきた親の接し方が、子供の感情を作る土台となり、子供の感情が形作られます。なぜそれが言えるのかは、今回のワークショップで紐解いていきますので楽しみにしていてください。
では、その親の感情はどこで作られているのかというと、これが驚くことなかれ、親自身が子どもだった頃に受けた心の傷なのです。このことを「インナーチャイルド(詳しくは9/3のブログを参照)」と呼びます。

スペシャリストを招いた特別ワークショップ

今回のワークショップでは、人間関係を癒すスペシャリストである催眠療法士の紫紋かつ恵さんをお招きします。受講者の親御さんにご自身のインナーチャイルドを感じ癒していくことで、お子さんの感情を理解していくワークを行います。親御さん自身が、過去の自分を癒すことで、これから子育てがどう変化していくのでしょうか。楽しみですよね。

紫紋かつ恵(しもん かつえ)さんのご紹介

米国催眠療法協会(ABH)認定 ヒプノセラピスト
米国催眠士協会(NGH)認定 ヒプノセラピスト
米国アルケミー催眠協会認定 ソマティックヒーリング初級・上級セラピスト
和のやすらぎ枝 年齢退行療法プロコースス養成講座 修了
和のやすらぎ枝 前世療法プロコース養成講座 修了
ヒプノエデュケーション協会 認定 ヒプノセラピスト
日本医療催眠学会・催眠による痛みのコントロールセミナー受講
イーハトーブクリニック催眠センター セルフヒーリング認定セラピスト
ワイス・インスティチュート(前世療法) 修了
2015年10月 東京大学医学部付属病院にて開催の
日本医療催眠学会第三回学術大会にて
「潜在意識下での死の体験による意識の転換」発表
日本医療催眠学会 正会員

まさにプロです。
また、ご著書もありますから、ぜひお読みいただきたいと思います。

紫紋かつ恵さんの詳細についてはホームページをご覧ください。↓
http://www.shimon1.com/プロフィール/

当日のワークショップは、紫紋さんと私、古橋の二人のトークとワークで行う約4時間のプログラムです。このワークショップから親子関係を見つめ直し、お子さんの可能性を引き出してあげてください。とても深いワークになると思いますので涙を拭うハンカチをお忘れなく。


このワークショップはこのような方にい向いています

・お子さんのメンタルが弱く、強化したい方
・受験生の親
・お子さんが同じミスばかり繰り返す
・自分の子どもへの接し方がわからない
・お子さんが親の言うことを聞かない
・兄弟姉妹の性格の違いに戸惑っている
・お子さんの学力を上げたい
など

ワークショップで取り扱う予定の内容

・感情の種類を知る
・思考の癖は家庭で作られる
・親子関係で勉強の仕方が変わってくる
・お子さんの学力を向上させる親子関係とは
・勉強の仕方は感情によって異なる
・スケジュールと成果を連動させる方法
・うっかりミスへの対処法
・理数系頭脳を鍛え方
・文系思考を鍛える方
・インナーチャイルドとは
・インナーチャイルドを癒し、親子関係に活かす方法
・勉強と親子関係についての質疑応答



ポジティブ父さんとネガティブ母さん 子どもの学力を上げるのはどっち?
〜親の感情が子育てに与える影響とは〜

manabi_workshop_160907






■講演者 紫紋かつ恵(催眠療法士)、古橋和久(株式会社まなび研究所 代表取締役)
■開催日時 – 平成28年10月23日(日)13:00~17:00(開場 12:30)
■場所 – まなび研究所 2Fホール
■対象 – お子さんをお持ちのお父さん、お母さん
■持ち物 – 筆記用具、スリッパ
■定員 – 20名
■参加費 – 6000円(まなび会員とその同伴者は3000円・プレミアム会員は1000円)

参加人数を限らせていただきますので、事前のご予約をお願いします。
申込締切日 10月20日(木)


お申し込み




〒432-8018 静岡県浜松市中区蜆塚4-4-16  所在図 [PDF]
TEL 053-456-4070 FAX 053-456-4170
Eメール voices@manabikenkyusyo.com