中学入試 合否の分かれ目は単純...

残念な結果になってしまう家庭は、「合格できるだろうか?」と不安と常に闘う。逆に輝かしい成果をあげる家庭は、「ワクワクしています!」と未来に夢を膨らませる。 合否の分かれ目は意外と単純明快、約20年間中…

» 続きを読む

Category|blog 2019/02/15

自分より弱い人を思いやる

まなび研究所では、藤原ていの傑作「流れる星は生きている『白い十字架』」を国語の授業でよく取り扱います。お父さんやお母さんも学生の頃にこの物語を読んで「希望を失わないで。日本へ帰るまで頑張りなさい」に、…

» 続きを読む

Category|blog 2019/02/14

勉強を頑張れ!は逆効果

頑張れと言われると、しばらくは頑張るが長続きしない。 それよりも ここまで頑張ってきたね! と、これまでの努力を認めてあげると、さらに頑張ります。 人は誰しもが努力したことを認められるとやる気が出ます…

» 続きを読む

Category|blog 2019/02/09

AI時代を生き抜くために ”読解力”...

AIは文脈を読み取るのが苦手のようです。 なにも苦手なのはAIだけではありません。 小・中学生も同様に、文章題が苦手だったり、資料が読み取れなかったり、文脈を読み取るのが上手くない子もいます。 今後、…

» 続きを読む

Category|blog 2019/02/08

親の価値観を押しつけない

考え方を押しつけられると、対話する気がなくなるのは、子どもも大人も同じです。 この感情は、読書体験が不足しているのかな?と思わせる方にお会いすると、よく生じます。 自分自身も小中高生だった時には、ほと…

» 続きを読む

Category|blog 2019/02/07

自分でできるSDGs 中学生の小論文

今週の中学生の小論文の課題は「自分でできるSDGs」でした。SDGsとは2015年に国連で決まった目標のこと。具体的には、2030年に世界が達成すべきゴールを定めた「持続可能な開発目標」のことです。 …

» 続きを読む

Category|blog 2019/02/05