静大附属浜松中、合格への道 中編

前回の続き

静大附属浜松中、合格への道 前編
http://www.manabikenkyusyo.com/?p=13632



<国語>

国語は記述問題が中心。しかも高難度。文章読解からして難しいです。その上、記述で答えなければならないのですから、相当の国語力が求められると思ってください。高校入試でも、大学入試でもお目にかかれないような独特な問題が並ぶのが特徴(公立高校入試より難しい)。

受験勉強の基本として「読書」は必須です。どしどし読書をしましょう。読書体験が少ないお子さんは、まずはたっぷりと読書した上で過去問に挑むのが順番です。


次に「書くトレーニング」も避けては通れません。書くトレーニングは、作文練習がベスト。
お子さんが小さい頃から、手紙やお話をよく書いていた、というケースは附属中の入試に向いていると思います。自信を持って受験勉強に励んでください。
一方、書く体験が少ないお子さんは、作文トレーニングを必ず受けてください。短時間で書きまとめられるかどうかが大事です。今から、書き慣れることです。中学入学後のことも考えると必要なスキルです。なぜなら、附属中はレポートを書く機会がとても多いからです。


漢字や語句の問題ですが、高難度の記述問題に比べると驚くほど簡単です。ゆえにここでは一問も落とせません。教科書レベルの漢字を完璧に書けるように練習しましょう。


受験では、算数はみんなできる(特に男子)ため、差がつくのは国語になります。国語を重視した勉強をしてください。


では、最後にまとめましょう。
国語は、読書と作文トレーニングを土台にした上で、問題演習と過去問対策です。


次回は算数とその他について考えて見ます。
お楽しみに。



http://www.manabikenkyusyo.com/?p=13804


2018/06/01 Category | blog 



« »

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。