抽象と具象を使い分けると、文章問題ができるようになる























作文が苦手な子は一文が長い傾向があります。

思いついたことをただ連ねているだけのようです。




一方、作文が得意な子は一文が短いです。

頭の中で事柄を整理して書いているようです。




この両者の違いは一体なんでしょう?




普段、国語指導をしていて思うことがあります。

それはこれです。




”抽象と具象を使い分けられているかどうか”

例を挙げますね。




<例>

抽象 → 野菜

具象 → トマト、ナス、ピーマン




これを使い分けて文を作るとこのようになります。









私は野菜が好きです。

とくにトマト、ナス、ピーマンが大好きです。




つまり、こういうことですね。









(抽象)私は野菜が好きです。

(具象)とくにトマト、ナス、ピーマンが大好きです。




簡単なことですが、

ほとんどの子がこの両者の使い分けを意識していません。

そのため一文が長くなるのです。




長文問題を読んだ時に、

”どの部分が抽象で、どこが具象か?”

と分けられるようになると、

問いに答えやすくなります。




このようになるには

普段使う言葉から抽象と具象を意識すると良いです。

親が意識して言葉を使ってみたり

「これはどっちかな?」と

クイズとして考えさせるのもいいですね。




抽象と具象の使い分けができるようになると

会話も上手になります。

プレゼン、ディベート、面接にも効果を発揮します。




言うまでもありませんが

抽象的な言葉を数多く知っている方が

表現力が豊かになり作文が上手になります。

やはり読書は欠かせませんね。




2018/10/11 Category | blog 



« »