生産性が高い勉強法「読み書きアイデア」

小学生の頃ドラえもんを読んでいたとき、テレビ電話で通話する場面を読むと、

未来ってすげーや!!

と漫画に釘付けにさせられ
早く未来にならないかなぁーとワクワクしていました。


大人になった自分は今、テレビ電話を使って仕事をしています。

国語のレッスン、記述トレーニング、定期テストに向けた学習マネジメント、受験マネジメントなど勉強に関する仕事です。

しかも、通話相手の生徒は近隣ではなく全国です。

道具の進化を噛みしめつつ
利便性が求められている時代であることも実感しています。


今の時代は「生産性の高さ」が問われますよね。
私たち学習塾業界で言えば、
その指導法で成績を上げられるのか?

生徒の立場で言えば
その勉強のやり方で成績を上げられるのか?

これも突き詰めて行くと、本質に行き着きます。
となると、勉強の場合はどうしても「読み書き計算」になります。
しかしAI全盛の現代では「計算」は不要ですね。
その代わり「アイデア(個性)」が求められていますから
「読み書きアイデア」に行き着きます。

「読み書きアイデア」を軸とした指導法や勉強法が、今もっとも大切な方法です。加速度的に進化する時代の中でも生き抜いて行く力になると思っています。
だからエナジードを始めます!


みなさんも今しているお仕事や勉強が「生産性が高いか?」と自問自答してみてください。きっと改善の余地が見つかる思いますよ。

2018/02/20 Category | blog 



« »

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。