要約力はセンターピン理論で身につく

天声人語を読み解くためにコツがいります。

話が右へ左へ、また右へと定まらず

読み手が振り回される文章が多いですからね。




そこで、文章を読み解くために

「センターピン理論」を意識させています。




<塾長ブログ 2017年6月20日付>
 
なぜ、あの子は合格できたのか
http://www.manabikenkyusyo.com/?p=10401




この文章は何をもっとも伝えたいのか?




これが、センターピン理論です。





これを言い当てられるようになると

右へ行った理由がわかり、

左へ行った必要がわかります。

つまり、何を伝えたいのかがわかります。




このセンターピン理論は

国語の文章問題でも威力を発揮します。




「つまり何を言いたいのか」が分かるようになるから

要約ができるようになります。




要約ができるということは、

話の全体が把握できているということ。




出題された文章問題を

鳥の目のように高い所から俯瞰(ふかん)しているから

要約以外の問題でも

他の問いとの繋がりがわかり

答えやすくなります。




センターピン理論は

国語の長文読解ではとても大きな威力を発揮します。




これこそ中高生はトレーニングをして身につけたい技ですね。




2018/09/07 Category | blog 



« »